トップページへ戻る

乱視に対するコンタクトレンズ - コンタクトレンズ | アイアカデミー


トップページ
アイアカデミー
コンタクトレンズ
乱視に対するコンタクトレンズ


乱視に対するコンタクトレンズ

乱視とは

遠くの像のピントが1点に合わない

目の屈折面が球面をなしていないために、外からの平行光線が1点に結像しない目の屈折状態をいいます。正乱視と不整乱視に大別されます。


正乱視と不整乱視

目の表面のカーブが、一方向で最も強く、これと90°の方向が最も弱く、その間がなだらかに変化しているものを正乱視といいます。ハードコンタクトレンズだけではなく、眼鏡や乱視用ソフトコンタクトレンズでも矯正が出来ます。角膜の表面が凹凸なものを不整乱視といいます。円錐角膜が代表的な疾患ですが、外傷や角膜移植の後にもなることがあります。ハードコンタクトレンズで矯正することは出来ますが、眼鏡や乱視用ソフトコンタクトレンズでは矯正できません。

このページのトップへ

乱視に対するコンタクトレンズによる矯正

1. 軽度乱視(1.0Dまで)のコンタクトレンズの選択

軽度乱視に対する第1選択はガス透過性ハードコンタクトレンズあるいは球面タイプの1日使い捨てソフトコンタクトレンズです。どちらかを良いかを一律に述べることはできません。乱視用ソフトコンタクトレンズが必要となることは、ほとんどありません。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズでは酸素供給のメカニズムが異なります。ハードコンタクトレンズ装用下の酸素供給は主に瞬目によるレンズの動きに伴う涙液交換により行われ、ソフトコンタクトレンズ装用下の酸素供給は主に素材を通過する酸素によります。レンズフィッティングが良好であれば、眼への酸素供給はソフトコンタクトレンズよりもガス透過性ハードコンタクトレンズの方が勝ります。コンタクトレンズは近視度数が強くなるほど、レンズの周辺部は厚くなる。そのためソフトコンタクトレンズでは、近視度数が強くなるほど、レンズが厚くなり、眼の酸素不足を招くことになります。原則論ではありますが、強度近視、装用時間が長い人、若年者にはガス透過性ハードコンタクトレンズ、軽度近視、装用時間を週5日間程度に制限できる人、occasional use(必要なときだけ装用する使い方)、中高年者には球面タイプの1日使い捨てソフトコンタクトレンズが良いでしょう。


ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの酸素供給の違い

ソフトコンタクトレンズの中で1日使い捨てソフトコンタクトレンズを第1選択とする理由は、ソフトコンタクトレンズは使用期間により眼障害の発症率が大きく異なるためです。日本コンタクトレンズ協議会の調査(2001年10月)でコンタクトレンズによる眼障害の発症率は全体で7.4%、種類別の年間発症率は従来型ソフトコンタクトレンズが11.1%、1日使い捨てソフトコンタクトレンズが3.3%、1週間連続装用使い捨てソフトコンタクトレンズが15.0%、2週間(頻回)交換ソフトコンタクトレンズが9.6%と報告されています。1日使い捨てソフトコンタクトレンズが最もトラブルの少ないソフトコンタクトレンズです。

2. 中等度乱視(1.0D〜3.0D)のコンタクトレンズの選択

ソフトコンタクトレンズの断面

右:球面レンズ、左:トーリックレンズ(プリズムバラスト)

中等度乱視に対する第1選択はガス透過性ハードコンタクトレンズ、乱視用の1日使い捨てソフトコンタクトレンズ、あるいは、乱視用の2週間(頻回)交換ソフトコンタクトレンズです。ただし、以前に使用していた球面タイプのソフトコンタクトレンズを装用していて、問題点がなければ、軽度乱視と同様、球面タイプの1日使い捨てソフトコンタクトレンズを選択すると良いでしょう。

ソフトコンタクトレンズでは、近視度数が強くなるほど、レンズの厚さが厚くなり、眼の酸素不足を招きます。また、球面タイプよりも、乱視タイプはレンズ厚がさらに厚くなり、さらなる眼の酸素不足を招きます。原則論ではありますが、強度近視、装用時間が長い人、若年者にはガス透過性ハードコンタクトレンズを、軽度近視、装用時間を週5日間程度に制限できる人、occasional use(必要なときだけ装用する使い方)、中高年者には乱視用の1日使い捨てソフトコンタクトレンズ、あるいは、乱視用の2週間(頻回)交換SCLを選択すると良いでしょう。

軽度乱視と異なり、2週間(頻回)交換ソフトコンタクトレンズを第1選択とすることがある理由は、乱視用の1日使い捨てソフトコンタクトレンズは4種類しか販売されておらず、パラメーターに制限があるためです。将来、選択肢が増えれば、第1選択はガス透過性ハードコンタクトレンズ、あるいは、乱視用の1日使い捨てソフトコンタクトレンズとなります。


3. 強度乱視(3.0D以上)のコンタクトレンズの選択

強度乱視眼に対する第1選択はガス透過性ハードコンタクトレンズ、あるいは、乱視用の2週間(頻回)交換ソフトコンタクトレンズです。ただし、強度乱視に対する乱視用ソフトコンタクトレンズによる矯正には限界があり、常用する目的であればハードコンタクトレンズの方がよいでしょう。

このページのトップへ

乱視用コンタクトレンズの種類と特徴

乱視用コンタクトレンズの種類

乱視用ハードコンタクトレンズ
バック(後面)トーリック
ニチコンEX-UVトーリック(株式会社日本コンタクトレンズ)
ハイサンソαT(株式会社レインボ−オプチカル研究所)
フロント(前面)トーリック
アイミーサプリーム(旭化成アイミー株式会社)
バイ(両面)トーリック
アイミーサプリーム(旭化成アイミー株式会社)
ニチコンEX-UVトーリック(株式会社日本コンタクトレンズ)
乱視用ソフトコンタクトレンズ
1日使い捨て
ワンデーバイオメディクストーリック(クーパービジョン・ジャパン株式会社)
ワンデーアクエアトーリック(クーパービジョン・ジャパン株式会社)
ワンデーアキュビュー乱視用(ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社)
デイリーズアクアトーリック(チバビジョン株式会社)
2週間(頻回)交換
2ウィークアキュビュートーリック(ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社)
フォーカス2ウィークレンズトーリック(チバビジョン株式会社)
ボシュロムメダリスト66トーリック(ボシュロム・ジャパン株式会社)
メニコンフォーカストーリック(株式会社メニコン)
ロートi.Q.14トーリック(ロート製薬株式会社)
定期交換
キャスティトーリック(HOYAヘルスケア株式会社)
マンスウエアトーリック(株式会社メニコン)
ロートi.Q.90トーリック(ロート製薬株式会社)
従来型
アイミーソフトトーリック(旭化成アイミー株式会社)
エイコーソフトT(株式会社エイコー)
シードTORICソフト(株式会社シード)
オプティマトーリック(ボシュロム・ジャパン株式会社)
プレノ・トーリック(HOYAヘルスケア株式会社)
メニコンソフト72トーリック(株式会社メニコン)
ロートi.Q.トーリック(ロート製薬株式会社)
1週間連続装用シリコーンハイドロゲル
ボシュロムピュアビジョントーリック(ボシュロム・ジャパン株式会社)

このページのトップへ





Copyright © Eyeacademy.net All Rights Reserved.